個人再生のメリットとデメリット

この記事を読むのに必要な時間は約0分35秒です。

個人再生のメリットとデメリットを以下にまとめました。      

 

 

個人再生のメリット

 

■ 住宅資金特別条項を利用すれば、マイホームを手放さなくて済みます。

 

■ 再生債権の総額が1500万円までの場合、借金の額が最大5分の1に減額できます。

但し、再生債権の総額の5分の1が100万円未満の場合、最低でも100万円を支払う必要があります。

 

■ 自己破産のような、資格制限がありません。

 

個人再生のデメリット

 

■ 信用情報機関の事故情報(いわゆるブラックリスト)に登録されます。

(但し、個人再生以外の借金整理をしても信用情報に登録されるため、個人再生の場合特有のデメリットではありません。)

The following two tabs change content below.

弁護士 辻井 康喜

弁護士業務を始めて10年以上の豊富な経験をもとに、依頼者によりよい解決案を提案いたします。 滋賀県で債務整理にお悩みの方は、大津法律事務所にご相談ください。
077-569-5155 受付時間 平日9:30〜18:30 土曜日 13:00~18:00

メール受付

無料相談会

詳しくはこちら

随時開催!詳しくはお問い合わせください。