個人再生を申立して、主に車の改造費による借金を圧縮して自宅を残すことができた事例

この記事を読むのに必要な時間は約1分39秒です。

* 事案の負債額、返済額につきましては、分かりやすくするために揃えた数字にしています。

1 ご相談者の債務状況

債権者数:6社

借金総額(住宅ローンを除く):970万円   

月々の返済額は合計:25万円

住宅ローン:残高1500万円

月々の返済額:7万円

2 ご相談者が相談にお越しになるまでの経緯

車を改造するのに必要なパーツを購入するために借金をし始めました。

そして、借金が膨らむにつれて、月々の返済のためにさらに消費者金融からお金をかりました。 

借金が900万円以上に膨れ上がり、これ以上返済することができないと思って、当事務所にお越しになりました。

3 当事務所の対応

自宅を残したいとの希望でしたので、個人再生申立を検討しました。

個人再生を申し立てる場合、本件では最低弁済額が194万円(970万円×20%)ですので、194万円を支払う必要があります。

そして、この金額を最長5年分割までできるので、5年で支払う場合、月約3万2000円(194万円÷60回)支払うことが必要になります。

ご相談者の月々の家計収支からすると、少なくとも4万円の可処分所得がありました。したがって、月々約3万2000円を支払うことが可能でしたので、個人再生を申し立てました。

4 結果

再生計画案に対して債権者から不同意がでず、裁判所も再生計画案通り支払うことが可能であると判断してくれましたので、再生計画案が認可されました。

個人再生がうまくいった結果、以下のようになりました。 

 

(住宅ローン以外の債務)

債務総額:970万円 → 194万円

月々の返済額:25万円 → 約3万2000円

利息:年15%など → 0%  

 

(住宅ローン)

従前の契約通り支払う。

 

住宅ローン以外の借金が大幅に減ったので、住宅を残しつつ、借金問題が解決できました。 

5 コメント

個人再生がうまくいくと、住宅ローンは従前通り支払うことが必要ですが、住宅ローン以外の借金が大幅にカットされるので、自宅を残して借金問題を解決することができます。

月々の返済が困難と思ったら、滞納するのではなく、弁護士に相談することをおすすめします。

月々の返済ができなくなりそうな方は、当事務所までご相談下さい。

The following two tabs change content below.

弁護士 辻井 康喜

弁護士業務を始めて10年以上の豊富な経験をもとに、依頼者によりよい解決案を提案いたします。 滋賀県で債務整理にお悩みの方は、大津法律事務所にご相談ください。
077-569-5155 受付時間 平日9:30〜18:30 土曜日 13:00~18:00

メール受付

無料相談会

詳しくはこちら

随時開催!詳しくはお問い合わせください。