慰謝料等の離婚条件が厳しく、その支払のために膨れ上がった借金を、自己破産で解決した事例

この記事を読むのに必要な時間は約0分57秒です。

*事案の負債額、返済額につきましては、分かりやすくするために揃えた数字にしています。

1.ご相談者の負債状況

債権者数        7社

借金総額        2,000万円(その内住宅ローンは1500万円)   

月々の返済額は合計   17万円(住宅ローンを除く)

2.来所までの経緯

相談者は、相談者の不貞行為が発覚して離婚することになりました。

その離婚条件が、①元妻に対する慰謝料の支払(分割払い)と②元妻が住宅ローンを組んで購入した家に住み続け、その住宅ローンを相談者が払い続けることでした。

しかし、その離婚条件どおりの支払をすると生活費がなくなり、相談者はクレジット会社から借り入れを始めましたが、借金が膨れ上がり、借金を返済するのが困難と感じて、当事務所のホームページをご覧になり、当事務所にお越しになりました。

3.当事務所の対応

自己破産を申し立てました。

4.結果

免責決定がなされて、借金がなくなりました。

コメント

最近ですが、離婚協議書で決めた離婚条件の内容が、夫にとってかなり厳しい内容で、離婚条件を履行するために借金をされる方の相談を散見します。 

慰謝料等を支払うために借金が増えてしまった方でも、解決する方法はあります。

まずは当事務所までご相談下さい。

The following two tabs change content below.

弁護士 辻井 康喜

弁護士業務を始めて10年以上の豊富な経験をもとに、依頼者によりよい解決案を提案いたします。 滋賀県で債務整理にお悩みの方は、大津法律事務所にご相談ください。 当事務所の弁護士紹介はこちら
077-569-5155 受付時間 平日9:30〜18:30 土曜日 13:00~18:00

メール受付

無料相談会

詳しくはこちら

随時開催!詳しくはお問い合わせください。