競売のデメリット

この記事を読むのに必要な時間は約0分45秒です。

何らかの理由で不動産担保ローンを滞納してしまうと、お金を貸していた債権者が裁判所に申立を行い、裁判所が不動産を差し押さえ、競売開始決定の通知をあなたのもとへ送られてきます。担保となっていた不動産が競売になると次のようなデメリットが発生します。

 

競売によるあなたのデメリット

 

・競売の場合、不動産の売却価格が本来の市場価格よりも安くなる可能性が高く、市場で売却するよりも多額の借金が残ってしまう可能性が高い。自宅を失う上に、借金もなくならない可能性が高い。

・競売物件は公示されるため、新聞紙面やHPに掲載され、近隣にも知られてしまう可能性がある。

・競売になると、裁判所から執行官が来て、自宅の写真を撮られたり、聴取もされるため、精神的負担が大きい。

 

 

ご自宅が競売にかかってしまうと、以上のようなデメリットがあります。

自宅が競売される前に早めの対策が必要です。

住宅ローンでお困りの方は、まずは、当事務所までご相談下さい。

The following two tabs change content below.

弁護士 辻井 康喜

弁護士業務を始めて10年以上の豊富な経験をもとに、依頼者によりよい解決案を提案いたします。 滋賀県で債務整理にお悩みの方は、大津法律事務所にご相談ください。
077-569-5155 受付時間 平日9:30〜18:30 土曜日 13:00~18:00

メール受付

無料相談会

詳しくはこちら

随時開催!詳しくはお問い合わせください。